*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.06 (Thu)

地球は回ってる~

天体写真を始めて

改めて地球は回ってる~と実感してます。

1分程度の露出でも点ではなく、線になりますね。

これは非常に困ります。

そこで天体写真に絶対必要な機材を買う羽目になる

てか、買わない事には始まらない物は赤道儀なんですよね。

でっ、悩みに悩んだ末買ったのは

【More・・・】



VIXEN SXW赤道儀

250202_w254.png

色々とメーカーや種類がありますが

大体どれも高い、新品なんて買えやしない・・・

そうなると中古に走るしかなく、オークション等でで物色してたら新品同様でコイツがあったので買っちまった。

俺が買った時点で生産終了品の型落ちですけどね

定価175,000円!新品たけ~~~。

約半値で購入、それでも高い

じつは最初は新品のGPD2赤道儀を候補上げてたんですが、自動導入が出来ないのが非常に困る

星座なんか北斗七星とかカシオペアぐらいしか知らない、

天体初心者の俺が星雲、星団なんか探せるはずも無く・・・

自動導入は必須だったのよ、あまり古すぎる製品は心配だし

そうなると選択肢は無いに等しくなり自然とこれになります。

しかし、こいつを買ってポンと設置しただけでは駄目な訳で

極軸を合わせないと意味が無く、それには極軸望遠鏡なる物が必要と言う事でそれも買って

といっても北極星はどれだ?から始まりましたけどね

正確な設置をすれば、このクラスの赤道儀でも2点アライメントぐらいで

バッチリ思った天体を視野の真ん中辺りに導入できました

がっ!追尾はまた別問題なのであった・・・が知るよしも無かった

この時点でポルタを買ってから2ヶ月経過してまして、手探り状態で進んでる。

因みにこの赤道儀ネットでの評判は・・・忘れよう。

でもね、今使ってますが買ってよかったと思ってますよ。

しかし、こいつだけでは全然機材が足りない事が徐々に分かってくるのでした。

14-05-22 M12

初赤道儀使用で撮影した

へびつかい座の球状星団 M12

A80M EOS X5 無改造機 30秒露出 ISO1600 フォトショエレメンツで4枚合成

デジイチをPCに繋げて撮影してるのでその辺はめっちゃ楽ですね、

30秒ぐらいなら赤道儀の自動追尾(ノータッチガイドと言うのかな?)でも大丈夫でした、

なら、設置制度にもよるのでしょうが何分ぐらいなら赤道儀の自動追尾でもOKなのかね

ところで、なぜM12を選んだかと言うと、たまたま、偶然、適当なのであった

こ時点ではダークファイルとかフラット補正とかオートガイドとか・・・未知の領域でした(今でもそうですが・・・)。

では、また

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ : ☆星が好き!天体観測 - ジャンル : 趣味・実用

20:55  |  天体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://taiomio.blog94.fc2.com/tb.php/775-a31d10eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。