*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.06 (Sun)

VGAファン交換 したべ

中古で買った↓
Leadtek WinFast PX9600 GT
DSCF1282.jpg
性能はそこそこなんですが厄介な問題があるんですよね~。
ファンの音が五月蝿いんです、妙に耳に障る高周波的な音「フィ~~~~~~ン」って感じですかね。
あまりにも気になるのでRivaTunerでGPUをダウンクロックしてファン50%にセットすれば
気にならないんですが、アイドル状態で50度突破してるし・・・、あちち!
ちなみにCPUは40度弱。
GPUの温度的には全く問題ないみたいなんですが、やっぱ気になる50度オーバー。
かと言ってファンを定格で回すと五月蝿いし、悩んだ末GPUファンを交換することにしました。
っで、選んだファンはこれです


【More・・・】

コストパフォーマンスと省スペースに優れたVF900-Cuを選択。
省スペースと言ってもリテールファンは1スロットだがこのファンは2スロット使用してしまう。
しかし他のVGAクーラーに比べたらめっちゃ省スペースなんです。
DSCF1276.jpg
DSCF1281.jpg
DSCF1280.jpg
では交換開始です。
まずはリテールファンを外します。

DSCF1285.jpg
6個のネジを取れば簡単にファンは外れました。

DSCF1289.jpg
中心に心臓部のGPUチップ、周りを囲むようにメモリが配置してあります。
各チップの表面を綺麗に脱脂します。

DSCF1294.jpg
GPUチップ ズームアップ
ダイにG94って刻印が有りますねG94-300-A1なので65nmプロセスってことが判明

DSCF1297.jpg
付属のメモリ用ヒートシンクをペタペタ貼っていきます。

DSCF1298.jpg
グリスを塗ってファンを固定すれば出来上がり。
いや~めっちゃ簡単、所要時間20分弱で完了。

ここで問題発生
DSCF1303.jpg
DSCF1299.jpg
ファンのコネクターが2ピンと3ピンで物理的に挿せません。
仕方が無いのでマザーの空いてるシステムファンにぶっ挿します。

ボードを元に戻して起動???、無事にOSが立ち上がり問題も無いみたいです。
気になるGPU温度はアイドルで40度半ば、ファンの回転数は1800前後(サイレントモード)。
一番重要な音は
しずかちゃんが降臨しました
最初ファンが回ってないのかと勘違いするぐらい静かになりましたね
リテールファン50%の時より静かです。

プチ改造でしたが効果は絶大!?
ファンの価格も3000円ちょいでしたので、なかなか良い結果ではないでしょうか。

テーマ : 自作・改造 - ジャンル : コンピュータ

08:08  |  PC  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://taiomio.blog94.fc2.com/tb.php/346-25e94a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。